ブログ

2015年04月27日 Mon

_

「松本城のみえる家」断熱材の充填

梁や柱をしっかり見れます

梁や柱をしっかり見れます

 

今月はじめ「松本城のみえる家」構造見学会を行いました。
当日は天気にも恵まれ、たくさんの方にお越しいただきました。

片流れの屋根に板金と通気が施行され、大工工事が進んでいます。

150421matsumoto1

2階の小屋裏は完成してもこのまま

 

寒冷地のため、断熱材としてセルロースファイバーを120㎜吹込み、基礎断熱と薪ストーブで、冬の寒さを取り除けるようにしています。

今は、これから壁の中に隠れてしまう構造が見えます。
架構をきれいに整理することを、いつも考えています。

150421matsumoto2

架構体をすっきり見せます

セルロースファイバーの断熱材

セルロースファイバーの断熱材

 

高台という立地を活かし、南側には大きな窓を作りどの窓からも松本城が見えるようにしました。 足場に登って、屋根の上からパシャリ。
松本城、わかりますでしょうか。

150421matsumoto5

普段は見れない屋根の上からの眺め。松本城がみえます。

2015年04月21日 Tue

_

木組ゼミ入門第2回「デッサンで美術を身につける」

150421dessan

画像は、木組ゼミ入門コースの生徒さんの作品です。
美術も技術です。プロポーションや素材感覚は、身につけることができます。
才能ではなく訓練で、美しいものをつくりだすスキルを習得できます。

木組ゼミ入門コースで、美術の基礎を学びませんか?
ご応募お待ちしております。

(お申込み用紙はこちら)

2015年04月20日 Mon

_

住宅建築新連載「古民家-その用と美に学ぶ-」

住宅建築連載1

住宅建築で新連載がはじまります。
「古民家-その用と美に学ぶ-」と題して、
日本の民家から、美しさと知恵を再発見し、
未来につなげていきたいと思います。

第一回は「足固めの効果」です。

どうぞ書店でお手にとってご覧ください。

150420juuken2

2015年04月17日 Fri

_

「深大寺の家」がはじまります

 

150413jindai2

150413jindai8

庭のある木組の家が建ちます

東京都調布市で「深大寺の家」がはじまります。

小さなお子さんのいるご家族のための、コンパクトでものびのびと暮らせる明るい家です。

吉野の天然乾燥材を使った無駄のない木組の架構と、優れた温熱性能を備えた、これからの木の家です。

150413jindai4

きめ細かい吉野の桧

 

 

 設計は松井郁夫建築設計事務所、施工はキューブワン・ハウジングです。

下小屋では刻みがはじまっています。

構造見学会は5月30日を予定していますので、
ぜひ木組の家の醍醐味をご高覧ください。
詳細は追って当ページでお知らいたします。

150413jindai3

山で材をよく見て、柱に番付して送られてきます

 

150413jindai6

含水率15%。よく乾いた天然乾燥材です

 

 

 

2015年04月14日 Tue

_

2015年度「木組ゼミ」受講料割引キャンペーン実施!

 
2015kigumizemi1

 

入門コース第2講義からのお申し込みで「受講料割引キャンペーン」実施中!

ぜひこの機会にお申込みください!
申込用紙・募集要項はこちら


※実践コースの会場はAGCスタジオに変更となりました。
また実践コース第四回講義は8月29日(土)に変更となりました。

 

いま、日本の家づくりは大きな節目を迎えています。
住まいは、丈夫で長寿命の架構を持つ省エネルギー住宅へ変わろうとしています。
そこで見直されてくるのが、日本の気候風土に合った伝統の木組です。
本講座では、伝統構法による日本の家づくりを、職人がこれまで培ってきた木を組む技術に学び、さらに美しい日本の風景を取り戻すために美術の習得を目指します。

大好評の岐阜森林文化アカデミー講師・辻充孝先生による、木組の家の温熱環境と改正省エネ法への対応が身につく講座に加え、
伝統構法の耐震設計を適切に行うための「限界耐力設計法」講座を用意しました。

架構を知りつくした「き」組による、丈夫で、快適で、燃費の良い木組の家づくりを身につけませんか?
対象は、木組の家づくりを学びたい設計者および施工者です。

本講座の特色は、美しいデザインと耐震的な構造のバランスの取れた木組を学べる点にあります。
美術大学出身のメンバーが「美術講座」を、国土交通省による伝統構法の見直し委員会に参画する「木造住宅【私家版】仕様書」執筆メンバーが「木組講座」を指導します。
美術と技術の二方向から美しい木組の架構と温熱環境の構築の手法を学びます。
知識だけでなく、実際に手を動かしてデッサンや軸組模型をつくることで、しっかりと実践力を身に着けることができます。

ワークショップ「き」組の家づくりが「平成20年度 長期優良住宅先導的モデル事業」の採択を受けたことを契機に、
全コースとも「長期優良住宅」に対応するプログラム構成となっています。
講座は「入門コース」と「上級コース」と「実践コース」の3講座制です。
実際の建物の架構を実践するコースも、サポート体制として用意しました。
受講生による実践事例も増えています。

わたしたちは、伝統的な大工技術と国土保全につながる木材の循環の仕組みから、
省エネルギーにつながる日本の家づくりを考えます。
日本の優れた木組の仕組みを、みなさんと共に未来へつなげていきたいと思います。
全国の皆様のご参加をお待ちしております。

ワークショップ「き」組 代表理事 松井郁夫

 

 2015kigumizemi2

 ◆2015年度 「木組のデザイン」ゼミナール受講生募集要項

申込用紙・募集要項PDF

※実践コースの会場はAGCスタジオに変更となりました。
また実践コース第四回講義は8月29日(土)に変更となりました。

■ 入門コース: 美術講座と木組の理念
■ 上級コース: 私家版メンバーによる木組講座
■ 実践コース: 温熱講座、限界耐力設計法講座

■ 開講日:4月~8月、9月~1月 基本的に月1回 (入門・上級コースは日曜日、実践コースは土曜日)
■ 時間:10:00~17:00 全5回(詳細は別紙スケジュールを参照) 

■ 費用:入門コース・上級コース 受講料8万円(1講座1万6千円×5回)+入学金1万5千円(お申込み時) 実践コース 受講料5万円
    入門コース第2講義からのお申し込みで16,000円を割引するキャンペーンを実施中です

■ 場所:入門・上級コース 一般社団法人ワークショップ「き」組事務局内(東京都中野区江原町1-46-12-102) 
     実践コース    AGCスタジオ(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1・2階)

■ 講師:

美術講座 松井郁夫、松井奈穂、松井匠
関本竜太(リオタデザイン)、若原一貴(若原アトリエ)
泉幸甫(泉幸甫建築研究所)
木組講座 松井郁夫、宮越喜彦、小林一元
温熱講座 辻充孝(岐阜森林文化アカデミー准教授)
限界耐力計算講座 山中信悟(悟工房)

 100613nyuumonj

■ 講座内容

美術講座
「美術を身につける」 家づくりにかかわる基礎的な美術の実技を行い、プロポーションや色彩感覚を養う。 デザインの基本となるスケッチや色面構成、立体造形を学ぶ。

 

2014jokyu5

木組講座
「木組を学ぶ」 初めて木の家を学ぶ人や改めて木組の家を学びたい人のための、実習。 木組の家づくりにかかわる、実施構造図から模型までの木組を学ぶ。 私家版研究会メンバーによる課題と講評。

 2014jissen

 

実践講座
「温熱講座」   省エネルギー法改正に基づく温熱対応の手法を学ぶ。
「限界耐力設計法講座」   木の特性を活かした構造解析で、木組の家を適切に設計する。

 

 

実際に計画中の建物を私家版メンバーが添削する「スペシャルプログラム」(別途料金)も用意しました。 今すぐ建てる家を、木組でつくりたいとお考えの実務者にオススメです。

12年目を迎え、大好評の温熱講座と、限界耐力設計法講座で、ますます充実した内容となっています。
全国から奮ってのご参加をお待ちしております。

■ 申し込み: 所定の申し込み用紙に必要事項を 手書きで 記入の上、下記に郵送する。
〒165-0023 東京都中野区江原町1-46-12-203 一般社団法人ワークショップ「き」組事務局
「木組のデザイン」ゼミナール 係

■ 問い合わせ: 一般社団法人ワークショップ「き」組事務局(松井郁夫建築設計事務所内)
TEL 03-3951-0703  FAX 03-5996-1370  E-MAIL info@kigumi.jp

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年8月
  2. 2017年7月
  3. 2017年6月
  4. 2017年5月
  5. 2017年4月
  6. 2017年3月
  7. 2017年2月
  8. 2017年1月
  9. 2016年12月
  10. 2016年11月
  11. 2016年10月
  12. 2016年9月
  13. 2016年8月
  14. 2016年7月
  15. 2016年6月
  16. 2016年5月
  17. 2016年4月
  18. 2016年3月
  19. 2016年2月
  20. 2016年1月
  21. 2015年12月
  22. 2015年11月
  23. 2015年10月
  24. 2015年9月
  25. 2015年8月
  26. 2015年7月
  27. 2015年6月
  28. 2015年5月
  29. 2015年4月
  30. 2015年3月
  31. 2015年2月
  32. 2015年1月
  33. 2014年12月
  34. 2014年11月
  35. 2014年10月
  36. 2014年9月
  37. 2014年8月
  38. 2014年7月
  39. 2014年6月
  40. 2014年5月
  41. 2014年4月
  42. 2014年3月
  43. 2014年2月
  44. 2014年1月
  45. 2013年12月
  46. 2013年11月
  47. 2013年10月
  48. 2013年9月
  49. 2013年8月
  50. 2013年7月
  51. 2013年6月
  52. 2013年5月
  53. 2013年3月
  54. 2013年2月
  55. 2013年1月
  56. 2012年12月
  57. 2012年11月
  58. 2012年10月
  59. 2012年9月
  60. 2012年8月
  61. 2012年7月
  62. 2012年6月
  63. 2012年5月
  64. 2012年4月
  65. 2012年2月
  66. 2011年12月
  67. 2011年11月
  68. 2011年10月
  69. 2011年9月
  70. 2011年8月
  71. 2011年7月
  72. 2011年6月
  73. 2011年5月
  74. 2011年4月
  75. 2011年3月
  76. 2011年2月
  77. 2011年1月
  78. 2010年12月
  79. 2010年11月
  80. 2010年10月
  81. 2010年9月
  82. 2010年8月
  83. 2010年7月
  84. 2010年6月
  85. 2010年5月
  86. 2010年4月
  87. 2010年3月
  88. 2010年2月
  89. 2010年1月
  90. 2009年12月
  91. 2009年11月
  92. 2009年10月
  93. 2009年9月
  94. 2009年8月
  95. 2009年7月
  96. 2009年6月
  97. 2009年5月
  98. 2009年4月
  99. 2009年3月
  100. 2009年2月
  101. 2009年1月
  102. 2008年12月
  103. 2008年11月
  104. 2008年10月
  105. 2008年9月
  106. 2008年8月
  107. 2008年7月
  108. 2008年6月
  109. 2008年5月
  110. 2008年4月
  111. 2008年3月
  112. 2008年2月
  113. 2008年1月
  114. 2007年12月
  115. 2007年11月
  116. 2007年10月
  117. 2007年9月
  118. 2007年8月
  119. 2007年7月
  120. 2007年6月
  121. 2007年5月
  122. 2007年4月
  123. 2007年3月
  124. 2007年2月
  125. 2007年1月
  126. 2006年12月
  127. 2006年11月
  128. 2006年10月
  129. 2006年9月
  130. 2006年8月
  131. 2006年7月
  132. 2006年6月
  133. 2006年5月
  134. 2006年4月
  135. 2006年3月
  136. 2006年2月
  137. 2006年1月
  138. 2005年12月
  139. 2005年8月
  140. 2005年6月
  141. 2005年5月
  142. 2005年4月
  143. 2004年12月
  144. 2001年12月

このページの先頭へ