ブログ

2015年02月19日 Thu

_

伝統芸能を今に伝える「和力」サイトに紹介されました

和力

「高円寺の家」で【魂入れの義】を執り行っていただいた、
伝統芸能集団「和力」のサイトに、松井事務所が紹介されました。 どうぞご覧ください。

プロジェクト「伝統芸能を今に伝える「和力」を、映像を通じて多くの人に知ってほしい」
https://motion-gallery.net/projects/wariki/updates/6775

 

「和力」とは(サイトより抜粋)

「和力」は、伝承される行事や音楽、祭り芸能を舞台表現として確立することをめざし、2001年にK朗(太鼓、舞、大道芸、物語作・演者)と木村俊介(篠笛、津軽三味線、作曲)が発足させました。2005年からは小野越郎(津軽三味線、作曲)が加わり、舞台活動をしています。

2013年、伝統的な音楽・芸能をもとに、演奏・作曲・舞台表現をする個人をつなげ、国内外で舞台製作をするため一般社団法人を設立しました。

「伝統に生かされるのも、伝統を生かすのも私たち現代を生きる者である」―伝統芸能の中に息づく、今に通じる人々の思いを、より多くの方と共有できたら、との思いで今回のプロジェクトを立ち上げました。

2015年02月09日 Mon

_

「佐倉の平屋」内覧会は盛況でした

 

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会4

「佐倉の平屋」完成です

 

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会1

週末に「佐倉の平屋」完成内覧会が開催されました。

雨の降る寒い日でしたが、エアコン1台の暖房で家中が暖かく、
みなさんには上着を脱いでゆっくりとご覧いただけました。
ときおり雲の切れ間から日が射すと、室内は一段と暖かくなり、少し換気をしたほどです。

お運びいただいた方々に改めて御礼申し上げます。

 

 

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会6

少し日が射すだけで暖かくなりました

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会5

1.8mの木製引戸は温熱的に優秀

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会9

戸を引込むとすべての部屋が一体空間

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会8

将来わけることのできる子供部屋とロフト

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会3

お子さんはみんなロフトが好き

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会2

間接照明のある下駄箱と、玄関の木製引戸

木組の家「佐倉の平屋」完成内覧会7

床の間の下がり壁は土壁塗回しです

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年10月
  2. 2017年9月
  3. 2017年8月
  4. 2017年7月
  5. 2017年6月
  6. 2017年5月
  7. 2017年4月
  8. 2017年3月
  9. 2017年2月
  10. 2017年1月
  11. 2016年12月
  12. 2016年11月
  13. 2016年10月
  14. 2016年9月
  15. 2016年8月
  16. 2016年7月
  17. 2016年6月
  18. 2016年5月
  19. 2016年4月
  20. 2016年3月
  21. 2016年2月
  22. 2016年1月
  23. 2015年12月
  24. 2015年11月
  25. 2015年10月
  26. 2015年9月
  27. 2015年8月
  28. 2015年7月
  29. 2015年6月
  30. 2015年5月
  31. 2015年4月
  32. 2015年3月
  33. 2015年2月
  34. 2015年1月
  35. 2014年12月
  36. 2014年11月
  37. 2014年10月
  38. 2014年9月
  39. 2014年8月
  40. 2014年7月
  41. 2014年6月
  42. 2014年5月
  43. 2014年4月
  44. 2014年3月
  45. 2014年2月
  46. 2014年1月
  47. 2013年12月
  48. 2013年11月
  49. 2013年10月
  50. 2013年9月
  51. 2013年8月
  52. 2013年7月
  53. 2013年6月
  54. 2013年5月
  55. 2013年3月
  56. 2013年2月
  57. 2013年1月
  58. 2012年12月
  59. 2012年11月
  60. 2012年10月
  61. 2012年9月
  62. 2012年8月
  63. 2012年7月
  64. 2012年6月
  65. 2012年5月
  66. 2012年4月
  67. 2012年2月
  68. 2011年12月
  69. 2011年11月
  70. 2011年10月
  71. 2011年9月
  72. 2011年8月
  73. 2011年7月
  74. 2011年6月
  75. 2011年5月
  76. 2011年4月
  77. 2011年3月
  78. 2011年2月
  79. 2011年1月
  80. 2010年12月
  81. 2010年11月
  82. 2010年10月
  83. 2010年9月
  84. 2010年8月
  85. 2010年7月
  86. 2010年6月
  87. 2010年5月
  88. 2010年4月
  89. 2010年3月
  90. 2010年2月
  91. 2010年1月
  92. 2009年12月
  93. 2009年11月
  94. 2009年10月
  95. 2009年9月
  96. 2009年8月
  97. 2009年7月
  98. 2009年6月
  99. 2009年5月
  100. 2009年4月
  101. 2009年3月
  102. 2009年2月
  103. 2009年1月
  104. 2008年12月
  105. 2008年11月
  106. 2008年10月
  107. 2008年9月
  108. 2008年8月
  109. 2008年7月
  110. 2008年6月
  111. 2008年5月
  112. 2008年4月
  113. 2008年3月
  114. 2008年2月
  115. 2008年1月
  116. 2007年12月
  117. 2007年11月
  118. 2007年10月
  119. 2007年9月
  120. 2007年8月
  121. 2007年7月
  122. 2007年6月
  123. 2007年5月
  124. 2007年4月
  125. 2007年3月
  126. 2007年2月
  127. 2007年1月
  128. 2006年12月
  129. 2006年11月
  130. 2006年10月
  131. 2006年9月
  132. 2006年8月
  133. 2006年7月
  134. 2006年6月
  135. 2006年5月
  136. 2006年4月
  137. 2006年3月
  138. 2006年2月
  139. 2006年1月
  140. 2005年12月
  141. 2005年8月
  142. 2005年6月
  143. 2005年5月
  144. 2005年4月
  145. 2004年12月
  146. 2001年12月

このページの先頭へ