ブログ

2011年07月29日 Fri

_

「井土ヶ谷の家」高窓

110727idogayano_ie.JPG

「井土ヶ谷の家」の越屋根に窓が入りました。
室内の熱気は、屋根なりに昇ってこの窓から抜けていくので、夏でも二階で涼しく過ごせます。
「き」組の家に一年点検に行くと、みなさんエアコンをほとんど使わずに生活されています。
深い軒による日射の調節、風通しの良さ、漆喰の調温湿作で、 機械に頼らずに、夏に涼しい家になります。
エアコンが苦手な方も安心です。

2011年07月28日 Thu

_

「吉祥寺の家Ⅱ」材木検査・柱

柱材を墨付け前に検査しました。
天竜の木には、履歴がわかるバーコードがついています。
どの山で、だれがいつ伐採したか、また製材した日、出荷した日などがわかります。
今回は桧の柱ですが、どの柱も問題なく良い木でした。

2011年07月27日 Wed

_

「橋本の家」一年点検

「橋本の家」の一年点検に行ってきました。
外部の木部が完成したときのままで、きれいな艶を見せていました。
職人さんの、丁寧な仕事に感謝します。

mini-DSCN0003.jpg

2011年07月22日 Fri

_

「大和の家」完成間近です

110722大和の家外観

左官が終わり、外観があらわれました。
内部には、家のスケールに合った大きさの吹抜があります。

2011年07月20日 Wed

_

「大和の家」完成内覧会のお知らせ

「大和の家」が完成します。
建主さんのご厚意で内覧会を開催させていただけることになりました。
木と木を梯子のように組み、籠のように編んだ木組みの家は、
地震の力をしなやかに逃がし、家族の命を守ります。
何世代も、家族みんなで安心して暮らせる、日本の家です。

2011年07月18日 Mon

_

朝霞の家・板塀完成

板塀ができました。次は植木ですね。
庭ができたら、また撮影させてください。
この猛暑にも、涼しく暮らしているとお聞きしました。
風通しを考えた家なので、ひと安心。

mini-DSCN0071.jpg

2011年07月15日 Fri

_

「吉祥寺の家2」建物を配置しました

110714kichijojino_ie2.JPG


敷地に建物を配置するときは、新しい建物がこの場にとって最もふさわしい位置であるように。
家の中から見える周辺の風景が、外から内へとつながるように。
新しく出来上がる外観が、場の空気を変えるか。
この家が建つことによって、住宅街の価値を上げることができるか。
地縄を張る時の緊張感は、期待を込めて心地よい。

2011年07月14日 Thu

_

「吉祥寺の家Ⅱ」材料検査を行いました

天竜から材料が届きました。キューブワン・ハウジングの下小屋で
全品検査を行いました。色艶やひび割れを見て、厳しく選別していきます。
合格しないものは、山に送り返して交換してもらいます。

2011年07月09日 Sat

_

「吉祥寺の家Ⅱ」地鎮祭を執り行いました

地鎮祭を執り行ないました。
その土地の神様に、工事の無事と家族の安全を祈願します。

2011年07月09日 Sat

_

J-SENCEの勉強会を行いました

110709j-sence.JPG

大学の先輩でもある建築家丸谷博男の主催する「J-SENCE」の勉強会が松井事務所で行われました。
日本の民家の構造や、「き」組で実践している共存共栄のしくみを、松井が講義しました。
現代の日本の住宅を共に考える、楽しい意見交換ができました。

2011年07月04日 Mon

_

免震の工夫「朝霞の家」完成内覧会 報告

「朝霞の家」の完成内覧会が、盛況のうちに終わりました。
足元フリーの免震の工夫をした建物です。
実は、建て主さんも特殊な工作物の設計者なので、お友達で免震のプロの方が見学に来られました。
この家は、平らな基礎の上に土台と足固めを併用し、巨大地震に見舞われても、足元が滑って上物が壊れない工夫があります。
つまり、免震的な動きをするということです。 現在、国交省が実大実験で検討している、足元フリーの工夫を先取りした建物です。
ただし、アンカーボルトで緊結しないことが条件なので、
現行法のもとでは、アンカーを切ることができません…

石場置きの免震性能が解明されて、この建物にも採用される日が来るといいですね。 mini-DSC00883.jpg mini-DSCN0064.jpg mini-DSCN0016.jpg mini-DSC_6244.jpg

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年11月
  2. 2017年10月
  3. 2017年9月
  4. 2017年8月
  5. 2017年7月
  6. 2017年6月
  7. 2017年5月
  8. 2017年4月
  9. 2017年3月
  10. 2017年2月
  11. 2017年1月
  12. 2016年12月
  13. 2016年11月
  14. 2016年10月
  15. 2016年9月
  16. 2016年8月
  17. 2016年7月
  18. 2016年6月
  19. 2016年5月
  20. 2016年4月
  21. 2016年3月
  22. 2016年2月
  23. 2016年1月
  24. 2015年12月
  25. 2015年11月
  26. 2015年10月
  27. 2015年9月
  28. 2015年8月
  29. 2015年7月
  30. 2015年6月
  31. 2015年5月
  32. 2015年4月
  33. 2015年3月
  34. 2015年2月
  35. 2015年1月
  36. 2014年12月
  37. 2014年11月
  38. 2014年10月
  39. 2014年9月
  40. 2014年8月
  41. 2014年7月
  42. 2014年6月
  43. 2014年5月
  44. 2014年4月
  45. 2014年3月
  46. 2014年2月
  47. 2014年1月
  48. 2013年12月
  49. 2013年11月
  50. 2013年10月
  51. 2013年9月
  52. 2013年8月
  53. 2013年7月
  54. 2013年6月
  55. 2013年5月
  56. 2013年3月
  57. 2013年2月
  58. 2013年1月
  59. 2012年12月
  60. 2012年11月
  61. 2012年10月
  62. 2012年9月
  63. 2012年8月
  64. 2012年7月
  65. 2012年6月
  66. 2012年5月
  67. 2012年4月
  68. 2012年2月
  69. 2011年12月
  70. 2011年11月
  71. 2011年10月
  72. 2011年9月
  73. 2011年8月
  74. 2011年7月
  75. 2011年6月
  76. 2011年5月
  77. 2011年4月
  78. 2011年3月
  79. 2011年2月
  80. 2011年1月
  81. 2010年12月
  82. 2010年11月
  83. 2010年10月
  84. 2010年9月
  85. 2010年8月
  86. 2010年7月
  87. 2010年6月
  88. 2010年5月
  89. 2010年4月
  90. 2010年3月
  91. 2010年2月
  92. 2010年1月
  93. 2009年12月
  94. 2009年11月
  95. 2009年10月
  96. 2009年9月
  97. 2009年8月
  98. 2009年7月
  99. 2009年6月
  100. 2009年5月
  101. 2009年4月
  102. 2009年3月
  103. 2009年2月
  104. 2009年1月
  105. 2008年12月
  106. 2008年11月
  107. 2008年10月
  108. 2008年9月
  109. 2008年8月
  110. 2008年7月
  111. 2008年6月
  112. 2008年5月
  113. 2008年4月
  114. 2008年3月
  115. 2008年2月
  116. 2008年1月
  117. 2007年12月
  118. 2007年11月
  119. 2007年10月
  120. 2007年9月
  121. 2007年8月
  122. 2007年7月
  123. 2007年6月
  124. 2007年5月
  125. 2007年4月
  126. 2007年3月
  127. 2007年2月
  128. 2007年1月
  129. 2006年12月
  130. 2006年11月
  131. 2006年10月
  132. 2006年9月
  133. 2006年8月
  134. 2006年7月
  135. 2006年6月
  136. 2006年5月
  137. 2006年4月
  138. 2006年3月
  139. 2006年2月
  140. 2006年1月
  141. 2005年12月
  142. 2005年8月
  143. 2005年6月
  144. 2005年5月
  145. 2005年4月
  146. 2004年12月
  147. 2001年12月

このページの先頭へ