ブログ

2011年04月30日 Sat

_

「大和の家」屋根野地板の工夫

「大和の家」の大工工事が進んでいます。
屋根は垂木を少なくして、無垢の野地板をすっきり見せています。
シンプルで居心地よい空間を目指しています。

2011年04月28日 Thu

_

「鶴見の家Ⅱ」完成内覧会のお知らせ

日本の民家らしいおおらかな空間と、茶室の数寄屋が融合した「鶴見の家Ⅱ」の内覧会です。
好評のうちに閉会いたしました。お越しいただけた方々に改めて御礼申し上げます。

2011年04月18日 Mon

_

「大和の家」上棟しました

「大和の家」が上棟しました。当日はたくさんの見学者で賑わいました。
職人さんたちの、無駄のない動きで、スムーズに棟上げしました。
「大和の家」は、屋根野地板をシンプルにみせる工夫をしています。
上棟式も行われ、職人さんたちを労っていただきました。
あらためまして、上棟おめでとうございます。

2011年04月16日 Sat

_

「大和の家」建方の様子

2011年4月に行われた「大和の家」の建方の様子です。

2011年04月14日 Thu

_

「吉祥寺の家Ⅱ」建物を配置しました

敷地に建物を配置するときにはたくさんのことを考えます。
新しい建物がこの場にとって最もふさわしい位置であるように
家の中から見える周辺の風景が、外から内へとつながるように
新しく出来上がる外観が、場の空気を変えるか
この家が建つことによって、住宅街の価値を上げることができるか。
地縄を張る時の緊張感は、期待を込めて心地よいものです。

2011年04月11日 Mon

_

長く使える仮設住宅

mini-DSCN0011.jpg

木組みゼミの今回の課題は「長く使える仮設住宅」です。

被災地の仮設住宅が不足していることから、国土交通省は、地域産材を使った地元雇用の仮設住宅建設を指示しました。
そこで、木組みによる被災者のための、仮設住宅から復興住宅に移行できる、家づくりをテーマとした。
木組みの特徴である、組んでは外しまた組み直せる、使いまわしのきく住宅を考えようと、ゼミの課題として受講生の提案をお願いした。
一日の課題であったが、みな熱心に取り組んでくれた。提案は、3間角のミニマム住宅から少し大きな集合住宅まで。
みんなの知恵を何とか生かしたいと思う。問題は受け入れ先と拠点づくりだ。

2011年04月10日 Sun

_

「大和の家」上棟見学会のお知らせ

「大和の家」上棟見学会のお知らせ

この度、建主様のご厚意により「大和の家」上棟見学会を
開催させていただけることになりました。

「大和の家」の建主様は、木組みの家づくり図鑑【私家版仕様書】を
ご覧になって当事務所に設計を依頼されました。

区画整理事業によって、生まれる新しい商店街に建つ、店舗併用住宅です
あらたな試みとして、小屋組みを整理し、無垢の杉厚板が美しい屋根をつくりだしています。
よりシンプルで、力強い架構の家になりました。

上棟見学会は、木組みの架構の様子をご覧いただける貴重な機会です。
お誘い合わせの上、是非お越し下さい。 皆様の参加をお待ちしております。

2011年04月08日 Fri

_

「大和の家」下小屋では刻みが進んでいます

キューブワン・ハウジングの下小屋では刻みが進んでいます。
細やかな仕事が持ち味のベテラン佐々木棟梁も張り切っています

2011年04月02日 Sat

_

「鶴見の家Ⅱ」玄関戸を施工中

玄関戸は、家の顔です。
数寄屋の趣のある「鶴見の家2」の玄関は、
交互に太さの違う格子で、品のあるにデザインしました。

吹抜からの眺めです。空間に合わせた、丁度良い大きさの吹抜になりました。

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年7月
  2. 2017年6月
  3. 2017年5月
  4. 2017年4月
  5. 2017年3月
  6. 2017年2月
  7. 2017年1月
  8. 2016年12月
  9. 2016年11月
  10. 2016年10月
  11. 2016年9月
  12. 2016年8月
  13. 2016年7月
  14. 2016年6月
  15. 2016年5月
  16. 2016年4月
  17. 2016年3月
  18. 2016年2月
  19. 2016年1月
  20. 2015年12月
  21. 2015年11月
  22. 2015年10月
  23. 2015年9月
  24. 2015年8月
  25. 2015年7月
  26. 2015年6月
  27. 2015年5月
  28. 2015年4月
  29. 2015年3月
  30. 2015年2月
  31. 2015年1月
  32. 2014年12月
  33. 2014年11月
  34. 2014年10月
  35. 2014年9月
  36. 2014年8月
  37. 2014年7月
  38. 2014年6月
  39. 2014年5月
  40. 2014年4月
  41. 2014年3月
  42. 2014年2月
  43. 2014年1月
  44. 2013年12月
  45. 2013年11月
  46. 2013年10月
  47. 2013年9月
  48. 2013年8月
  49. 2013年7月
  50. 2013年6月
  51. 2013年5月
  52. 2013年3月
  53. 2013年2月
  54. 2013年1月
  55. 2012年12月
  56. 2012年11月
  57. 2012年10月
  58. 2012年9月
  59. 2012年8月
  60. 2012年7月
  61. 2012年6月
  62. 2012年5月
  63. 2012年4月
  64. 2012年2月
  65. 2011年12月
  66. 2011年11月
  67. 2011年10月
  68. 2011年9月
  69. 2011年8月
  70. 2011年7月
  71. 2011年6月
  72. 2011年5月
  73. 2011年4月
  74. 2011年3月
  75. 2011年2月
  76. 2011年1月
  77. 2010年12月
  78. 2010年11月
  79. 2010年10月
  80. 2010年9月
  81. 2010年8月
  82. 2010年7月
  83. 2010年6月
  84. 2010年5月
  85. 2010年4月
  86. 2010年3月
  87. 2010年2月
  88. 2010年1月
  89. 2009年12月
  90. 2009年11月
  91. 2009年10月
  92. 2009年9月
  93. 2009年8月
  94. 2009年7月
  95. 2009年6月
  96. 2009年5月
  97. 2009年4月
  98. 2009年3月
  99. 2009年2月
  100. 2009年1月
  101. 2008年12月
  102. 2008年11月
  103. 2008年10月
  104. 2008年9月
  105. 2008年8月
  106. 2008年7月
  107. 2008年6月
  108. 2008年5月
  109. 2008年4月
  110. 2008年3月
  111. 2008年2月
  112. 2008年1月
  113. 2007年12月
  114. 2007年11月
  115. 2007年10月
  116. 2007年9月
  117. 2007年8月
  118. 2007年7月
  119. 2007年6月
  120. 2007年5月
  121. 2007年4月
  122. 2007年3月
  123. 2007年2月
  124. 2007年1月
  125. 2006年12月
  126. 2006年11月
  127. 2006年10月
  128. 2006年9月
  129. 2006年8月
  130. 2006年7月
  131. 2006年6月
  132. 2006年5月
  133. 2006年4月
  134. 2006年3月
  135. 2006年2月
  136. 2006年1月
  137. 2005年12月
  138. 2005年8月
  139. 2005年6月
  140. 2005年5月
  141. 2005年4月
  142. 2004年12月
  143. 2001年12月

このページの先頭へ