年間アーカイブ

2009

2009年06月13日 Sat

_

「越美文化研究所」屋根を葺き終わりました

ガルバリウムの屋根が葺きおわり、今がいちばん骨組みのよくわかる姿です。港から船出する船のようです。

 

居間からデッキまで抜けていくメインの空間です。この後は壁を作っていきます。
腕木を伸ばして出し桁で軒を支えます。澤崎建設さんの施工精度の高さがわかります。

 

下から見上げると一層迫力のある松丸太です。基礎の中は地下収納スペースになります。

2009年06月13日 Sat

_

「清瀬の家」刻みがはじまりました

見事な杉の梁材が届きました。徳島の天然乾燥材です。

 

「清瀬の家」の材が届きました。柱は桧、梁は杉です。二代目の孝之さんが綿密に墨付けをします。

 

淡々とスムーズに刻みが進みます。20年来のコンビの渡辺工務店です。

2009年06月09日 Tue

_

速水林業

尾鷲の桧は年輪幅が細かく均一。秘密は明るく風通しの良い森。人工林とは思えない自然の森がある速水林業の山。森林認証第一号も納得。環境の時代に向けて山も変わる。シダの新緑が美しい。
mini-20090604153400766_0002.jpg

2009年06月08日 Mon

_

グルガン邸

スイスの山岳地帯に残る古い小屋がペーター・ツムトールの手によってよみがえる。奈穂・画
5swis200905261706021561.pdf.jpg

2009年06月05日 Fri

_

ベニスの広場

イタリア ベニスの午後はゆっくりと時間が流れている。復活祭の喧騒をよそに広場はきょうもきのうと変わらない。奈穂・画
mini-itariahiroba.jpg

2009年05月31日 Sun

_

せがい造り

せがいは、船外と書いて船の甲板を広げるために梁を伸ばした形を言う。二階が一階よりも飛び出す木組みの醍醐味が味わえる。
「清瀬の家」上棟
09531araijyotoumini-DSCN0077.jpg

2009年05月28日 Thu

_

木栓

木組みは木と木を栓で締めることがある。栓は打たれるたびに締まる。
090529kiyosemini-DSCN0009.jpg

2009年05月27日 Wed

_

木組の光

木組みの建て方はいつも感動的だ。木と木を組むことで現れる空間は光が大切。空間の伸びやかさは、光の方向が決めてくれる。
「清瀬の家」上棟
mini-DSCN0089.jpg

2009年05月25日 Mon

_

「清瀬の家」建方がはじまりました

いよいよ建て方がはじまりました。

2009年05月23日 Sat

_

「せがい造り」上棟見学会

おかげさまで、わたくしたちの手がける木組みの家も100棟目を迎えました。今回の「清瀬の家」は、せがい造りという木組みだからこそできるダイナミックな架構です。長年、金物に頼ることなく手刻みの家づくりをともにしきた渡辺棟梁の極上の仕事です。またとない伝統的な木組みの醍醐味をこの機会にご高覧下さい。

※見学をご希望の方は当事務所までご連絡下さい。
詳しい地図をお送りします。
kiyoseno_ie_joutou_nonmap48.jpg

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ