ブログ

2009年06月24日 Wed

_

第34回 住宅まちづくりフォーラム 「200年住宅における木造建築・伝統構法の行方を考える」

09年7月13日(月)13:00~16:30
「住宅金融支援機構すまい・るホール」にて
講演会を行います。
木造伝統構法の行方を考える重要な講演会です。
詳しくは住宅都市工学研究所のHPをご覧下さい。
皆様のご参加をお待ちしております。
第34回 住宅まちづくりフォーラム
「200年住宅における
木造建築・伝統構法の行方を考える」

「木造住宅と長期優良住宅」
三井所 清典 氏(芝浦工業大学名誉教授)
「木造伝統構法の技術的課題」
坂本 巧 氏(東京大学名誉教授)
「木造伝統構法と現代技術」
松井 郁夫
「木造伝統構法を活かすための国の施策」
越海 興一 氏(国土交通省住宅局住宅生産課木造住宅振興室長)
34machidukuriforamu_001.jpg

2009年06月20日 Sat

_

【同時開催】 200年住宅モデル 「江原の家」完成内覧会  「小竹の家」構造見学会

ワークショップ「き」組の見学会を2棟同時開催します。
「小竹の家」は木組みの架構のよくわかる上棟後の見学会、
「江原の家」は長期優良住宅の先導的モデルの完成内覧会です。
どうぞお誘い合わせのうえご高覧下さい。
皆様のお越しをお待ちしております。
kotakeno_ie_nonmap.png
eharano_ie_kansei_nonmap.jpg

2009年06月19日 Fri

_

「清瀬の家」上棟しました

「清瀬の家」上棟

上棟しました。せがいで二階がせり出している様子がよくわかります。

2009年06月18日 Thu

_

ワークショップ「き」組が一般社団法人になりました

090617syadanhoujinws500.png

2009年06月17日 Wed

_

「清瀬の家」屋根工事完了

「清瀬の家」の屋根工事が完了しました。
電柱が邪魔していますが、東側から撮った写真です。
mini-090617kiyoseno_ie.jpg

2009年06月13日 Sat

_

「越美文化研究所」屋根を葺き終わりました

ガルバリウムの屋根が葺きおわり、今がいちばん骨組みのよくわかる姿です。港から船出する船のようです。

 

居間からデッキまで抜けていくメインの空間です。この後は壁を作っていきます。
腕木を伸ばして出し桁で軒を支えます。澤崎建設さんの施工精度の高さがわかります。

 

下から見上げると一層迫力のある松丸太です。基礎の中は地下収納スペースになります。

2009年06月13日 Sat

_

「清瀬の家」刻みがはじまりました

見事な杉の梁材が届きました。徳島の天然乾燥材です。

 

「清瀬の家」の材が届きました。柱は桧、梁は杉です。二代目の孝之さんが綿密に墨付けをします。

 

淡々とスムーズに刻みが進みます。20年来のコンビの渡辺工務店です。

2009年06月09日 Tue

_

速水林業

尾鷲の桧は年輪幅が細かく均一。秘密は明るく風通しの良い森。人工林とは思えない自然の森がある速水林業の山。森林認証第一号も納得。環境の時代に向けて山も変わる。シダの新緑が美しい。
mini-20090604153400766_0002.jpg

2009年06月08日 Mon

_

グルガン邸

スイスの山岳地帯に残る古い小屋がペーター・ツムトールの手によってよみがえる。奈穂・画
5swis200905261706021561.pdf.jpg

2009年06月05日 Fri

_

ベニスの広場

イタリア ベニスの午後はゆっくりと時間が流れている。復活祭の喧騒をよそに広場はきょうもきのうと変わらない。奈穂・画
mini-itariahiroba.jpg

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年7月
  2. 2017年6月
  3. 2017年5月
  4. 2017年4月
  5. 2017年3月
  6. 2017年2月
  7. 2017年1月
  8. 2016年12月
  9. 2016年11月
  10. 2016年10月
  11. 2016年9月
  12. 2016年8月
  13. 2016年7月
  14. 2016年6月
  15. 2016年5月
  16. 2016年4月
  17. 2016年3月
  18. 2016年2月
  19. 2016年1月
  20. 2015年12月
  21. 2015年11月
  22. 2015年10月
  23. 2015年9月
  24. 2015年8月
  25. 2015年7月
  26. 2015年6月
  27. 2015年5月
  28. 2015年4月
  29. 2015年3月
  30. 2015年2月
  31. 2015年1月
  32. 2014年12月
  33. 2014年11月
  34. 2014年10月
  35. 2014年9月
  36. 2014年8月
  37. 2014年7月
  38. 2014年6月
  39. 2014年5月
  40. 2014年4月
  41. 2014年3月
  42. 2014年2月
  43. 2014年1月
  44. 2013年12月
  45. 2013年11月
  46. 2013年10月
  47. 2013年9月
  48. 2013年8月
  49. 2013年7月
  50. 2013年6月
  51. 2013年5月
  52. 2013年3月
  53. 2013年2月
  54. 2013年1月
  55. 2012年12月
  56. 2012年11月
  57. 2012年10月
  58. 2012年9月
  59. 2012年8月
  60. 2012年7月
  61. 2012年6月
  62. 2012年5月
  63. 2012年4月
  64. 2012年2月
  65. 2011年12月
  66. 2011年11月
  67. 2011年10月
  68. 2011年9月
  69. 2011年8月
  70. 2011年7月
  71. 2011年6月
  72. 2011年5月
  73. 2011年4月
  74. 2011年3月
  75. 2011年2月
  76. 2011年1月
  77. 2010年12月
  78. 2010年11月
  79. 2010年10月
  80. 2010年9月
  81. 2010年8月
  82. 2010年7月
  83. 2010年6月
  84. 2010年5月
  85. 2010年4月
  86. 2010年3月
  87. 2010年2月
  88. 2010年1月
  89. 2009年12月
  90. 2009年11月
  91. 2009年10月
  92. 2009年9月
  93. 2009年8月
  94. 2009年7月
  95. 2009年6月
  96. 2009年5月
  97. 2009年4月
  98. 2009年3月
  99. 2009年2月
  100. 2009年1月
  101. 2008年12月
  102. 2008年11月
  103. 2008年10月
  104. 2008年9月
  105. 2008年8月
  106. 2008年7月
  107. 2008年6月
  108. 2008年5月
  109. 2008年4月
  110. 2008年3月
  111. 2008年2月
  112. 2008年1月
  113. 2007年12月
  114. 2007年11月
  115. 2007年10月
  116. 2007年9月
  117. 2007年8月
  118. 2007年7月
  119. 2007年6月
  120. 2007年5月
  121. 2007年4月
  122. 2007年3月
  123. 2007年2月
  124. 2007年1月
  125. 2006年12月
  126. 2006年11月
  127. 2006年10月
  128. 2006年9月
  129. 2006年8月
  130. 2006年7月
  131. 2006年6月
  132. 2006年5月
  133. 2006年4月
  134. 2006年3月
  135. 2006年2月
  136. 2006年1月
  137. 2005年12月
  138. 2005年8月
  139. 2005年6月
  140. 2005年5月
  141. 2005年4月
  142. 2004年12月
  143. 2001年12月

このページの先頭へ