ブログ

2008年08月29日 Fri

_

上田・蛍舞う丸子の家

夏も終わりに近づき、外は大粒の雨が降っています。みなさん夏は楽しまれたでしょうか?
先日、このブログのタイトルのお宅から手紙が届きました。うれしい蛍のお便りです。
「前略 暑い夏ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。
今年は、蛍の時期にお目にかかれず残念でした。今年の我が家の蛍は良かったですよ。いつも多くて10匹ばかり、大体数匹程度でしたが、今年は15匹以上出ていました。
光の大きな源氏蛍のようで、約2週間ほど、浴室の窓を開放して幻想的な光の舞を楽しみました。お湯をぬるくして、一時間以上お風呂に入っていました!最高の贅沢!
まさに「蛍舞う、丸子の家」でした。お見せできず、本当に残念でした。来年はぜひ見物にお出かけください。後略」
この家の境界の脇に、小さなせせらぎがあります。設計の折に、そのせせらぎに向かってお風呂をつくりました。蛍の舞う風景を想像していましたので、本当にうれしいお便りです。(画・文 郁夫)

上田・蛍舞う丸子の家

2008年08月28日 Thu

_

NPO木の建築フォラム講習会【私家版】木組の家づくり講座受講生募集

「私家版」仕様書の執筆メンバーと伝統構法による「木組みの家づくり」を目指す専門化向けの講座を開催します。「木組みの家」を建てたいと思いながら、なかなか踏み込めないと考えている設計者や工務店の皆さんに向けて、ワークショップ「き」組の実践事例や木造住宅の歴史や基礎的な木材や架構の知識をお話します。
伝統構法による木組みの家づくりのへの入門コースです。最終回には皆さんとともに質疑方式でワークショップを実施し、お悩みにお答えします。 
みなさんも木組みの家づくりを実践しませんか?

詳しくは松井事務所HPへ。

2008年08月27日 Wed

_

「善福寺の家・Ⅱ」構造見学会のお知らせ

残暑の厳しい折ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
この度「善福寺の家・Ⅱ」が上棟の運びとなり、
建主さんのご厚意で2008年9/6(土)11:00~15:00に
構造見学会を開催することとなりました。
公園にほど近い住宅地にパティオのある木組みの家が建ちます。
建主さんはWS「き」組の環境への取り組みに賛同してくださる方で
天竜の植林ツアーにも参加しました。
構造材は天竜TSドライです。
施工はベテランの渡辺棟梁、設計は松井事務所。
骨組みの見える構造見学会は、
伝統構法による木組みの醍醐味を味わえる、またとない機会です。
どうぞ皆さんお誘い合わせの上ご高覧下さい。
大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

※見学をご希望の方は事前に事務局までご連絡下さい。
詳しい地図をお送りします。

>内覧会案内のPDF版はこちら

「善福寺の家・Ⅱ」構造見学会のお知らせ

2008年08月13日 Wed

_

「上田の家」屋根が葺かれました

ガルバリウムの屋根が葺かれ、建物の全体感が見えてきました。

内観です。間取りがスッキリしているので、本当に広々として爽快な家になりそうです。

 

この家を支える立派な大黒柱です。
玄関からまっすぐ抜ける廊下。子供たちが走り回る姿が目に浮かびます

2008年08月13日 Wed

_

大分・七島藺

畳表の原料「藺草」の産地をたずねて、大分県の国東半島に出かけました。「豊後表」と呼ばれる「藺草」は、「七島藺」と呼ばれる琉球原産の草です。柔道畳や農家の囲炉裏端で使われる田舎畳を「琉球畳」というのは原産地の名前です。火気にも強い耐久性のよさが「七島藺」の特徴です。草の断面が三角なので三角藺ともいいます。国東半島の城下町「杵築」には青筵神社という藺草の神様を祭る神社までありました。
スケッチは、藺草の畑に茅葺の民家が残っていたので、つい嬉しくなって描きました。茅葺の葺きかたは櫛を針目覆いで覆う南方の形式です。真夏の日差しが刺すような一日でした。

大分・七島藺

2008年08月04日 Mon

_

本の紹介「民家のしくみ」

きょうは最近読んだ本の紹介をしたいと思います。
「民家のしくみ」環境と共生する技術と知恵・坊垣和明著(学芸出版)
伝統構法の見直しとともに、脚光を浴びる古民家ですが、この本には民家が、気候風土に対応し、美しい日本の風景をつくってきた「しくみ」を解き明かしています。
全国73個所の地域の民家を訪問し、気候風土に対応した形や伝統技術を具体的に紹介しています。民家には、これからの環境問題を解決する知恵が、すでにあると考えさせる一冊です。
著者の坊垣さんは前独立法人建築研究所・首席研究員、現在は武蔵工業大学教授です。
バウギオロギー研究者で、コンペ「大地に還る家」「真の日本のすまい」審査委員でした。

本の紹介「民家のしくみ」

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年4月
  2. 2017年3月
  3. 2017年2月
  4. 2017年1月
  5. 2016年12月
  6. 2016年11月
  7. 2016年10月
  8. 2016年9月
  9. 2016年8月
  10. 2016年7月
  11. 2016年6月
  12. 2016年5月
  13. 2016年4月
  14. 2016年3月
  15. 2016年2月
  16. 2016年1月
  17. 2015年12月
  18. 2015年11月
  19. 2015年10月
  20. 2015年9月
  21. 2015年8月
  22. 2015年7月
  23. 2015年6月
  24. 2015年5月
  25. 2015年4月
  26. 2015年3月
  27. 2015年2月
  28. 2015年1月
  29. 2014年12月
  30. 2014年11月
  31. 2014年10月
  32. 2014年9月
  33. 2014年8月
  34. 2014年7月
  35. 2014年6月
  36. 2014年5月
  37. 2014年4月
  38. 2014年3月
  39. 2014年2月
  40. 2014年1月
  41. 2013年12月
  42. 2013年11月
  43. 2013年10月
  44. 2013年9月
  45. 2013年8月
  46. 2013年7月
  47. 2013年6月
  48. 2013年5月
  49. 2013年3月
  50. 2013年2月
  51. 2013年1月
  52. 2012年12月
  53. 2012年11月
  54. 2012年10月
  55. 2012年9月
  56. 2012年8月
  57. 2012年7月
  58. 2012年6月
  59. 2012年5月
  60. 2012年4月
  61. 2012年2月
  62. 2011年12月
  63. 2011年11月
  64. 2011年10月
  65. 2011年9月
  66. 2011年8月
  67. 2011年7月
  68. 2011年6月
  69. 2011年5月
  70. 2011年4月
  71. 2011年3月
  72. 2011年2月
  73. 2011年1月
  74. 2010年12月
  75. 2010年11月
  76. 2010年10月
  77. 2010年9月
  78. 2010年8月
  79. 2010年7月
  80. 2010年6月
  81. 2010年5月
  82. 2010年4月
  83. 2010年3月
  84. 2010年2月
  85. 2010年1月
  86. 2009年12月
  87. 2009年11月
  88. 2009年10月
  89. 2009年9月
  90. 2009年8月
  91. 2009年7月
  92. 2009年6月
  93. 2009年5月
  94. 2009年4月
  95. 2009年3月
  96. 2009年2月
  97. 2009年1月
  98. 2008年12月
  99. 2008年11月
  100. 2008年10月
  101. 2008年9月
  102. 2008年8月
  103. 2008年7月
  104. 2008年6月
  105. 2008年5月
  106. 2008年4月
  107. 2008年3月
  108. 2008年2月
  109. 2008年1月
  110. 2007年12月
  111. 2007年11月
  112. 2007年10月
  113. 2007年9月
  114. 2007年8月
  115. 2007年7月
  116. 2007年6月
  117. 2007年5月
  118. 2007年4月
  119. 2007年3月
  120. 2007年2月
  121. 2007年1月
  122. 2006年12月
  123. 2006年11月
  124. 2006年10月
  125. 2006年9月
  126. 2006年8月
  127. 2006年7月
  128. 2006年6月
  129. 2006年5月
  130. 2006年4月
  131. 2006年3月
  132. 2006年2月
  133. 2006年1月
  134. 2005年12月
  135. 2005年8月
  136. 2005年6月
  137. 2005年5月
  138. 2005年4月
  139. 2004年12月
  140. 2001年12月

このページの先頭へ