ブログ

2008年06月30日 Mon

_

淡路島・だるま窯

取材で淡路島に行ってきました。淡路島は日本でも有数の瓦の産地です。良い土が取れるところから、瓦を焼く技術が根付いたものと思われます。
カメラマンから転身して瓦を焼いている「カワラマン」山田脩二さんを訪ねました。むかしながらの瓦を焼くために「だるま窯」の製作の真っ最中でした。「今の銀黒瓦は均一で面白くない。風化してなお美しい焼きムラのある瓦が焼きたい。」
土の織りなす詩情あふれる甍の波。実現したい屋並みの風景です。

淡路島・だるま窯

2008年06月28日 Sat

_

「宮原の家」完成しました

 

松丸太のダイナミックさと茶室の繊細さの調和です。軒下の犬走りが建物を引き立てます。

 

きれいな材を使った式台。カウンターもちょうどいい高さになりました。
十和田石を張った浴室。木は桧を使っています。

  

たくさんの蔵書を管理する書斎です。木製サッシと階段に趣向を凝らしました。
 せまい場所でスムーズに上がる工夫をしました。段板ごとに左右の幅が違います。

 

水屋です。細かなところまでつくりこみました。お茶会にはたくさんの人が招かれることでしょう。

 

2008年06月28日 Sat

_

「宮原の家」完成しました

数寄屋の趣と民家の力強さを兼ね備えた純和風の平屋建て

 

周りを生産緑地に囲まれた、空の広い宮原の敷地に、平屋建ての木組みが建ちました。

埼玉県宮原の地に純和風の家が建ちました。
「終の棲家を」という建主さん。豪快な松梁のある居間、お茶室と水屋、
たくさんの蔵書に埋まる書斎、数奇屋と民家の融合する住まいです。
熟練の技とコンビネーションで数寄屋の趣と民家の開放感を紡ぎ合わせました。

構造材はTSウッドの徳島杉。
施工は渡辺工務店。松井事務所と22年のコンビを組む渡辺正司棟梁の仕事です。

竣工おめでとうございます!

 

施工  渡邊工務店
設計  ㈱松井郁夫建築設計事務所
撮影  奈良岡忠 松井事務所

 

 

2008年06月17日 Tue

_

「宮原の家」完成内覧会を終了しました

「宮原の家」完成内覧会が14日に行われ、好評のうちに閉会しました。

当日はよく晴れて、絶好の内覧会日和でした。建主さんから訪れた方皆にお抹茶とお菓子が振る舞われ、お茶室やデッキでくつろぎながら、ゆっくりと建物を感じていただくことができました。

遠くから足をお運びいただいた方々、誠にありがとうございました。

2008年06月13日 Fri

_

「上田の家」上棟しました

広々としたのびやかな家になります。

棟がクレーンで架けられました。上棟おめでとうございます!

 

大黒柱です。引き抜きに抵抗する「足固め」が差してあります。
棟木を継いでいます。6間半もの長さになりました。

2008年06月03日 Tue

_

「宮原の家」完成内覧会のお知らせ

このたび「宮原の家」が完成し、建主さんのご厚意で2008年6月14日(土)に完成内覧会を開催することになりました。
埼玉県宮原に純和風平屋建ての家が建ちました。
熟練の技とコンビネーションで数寄屋の趣と民家の開放感を紡ぎ合わせました。
構造材はTSウッドの徳島杉。施工は渡辺工務店。
松井事務所と22年のコンビを組む渡辺正司棟梁の仕事です。

どうぞ皆さんお誘い合わせの上ご高覧下さい。
大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

ニュース:「宮原の家」

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年4月
  2. 2017年3月
  3. 2017年2月
  4. 2017年1月
  5. 2016年12月
  6. 2016年11月
  7. 2016年10月
  8. 2016年9月
  9. 2016年8月
  10. 2016年7月
  11. 2016年6月
  12. 2016年5月
  13. 2016年4月
  14. 2016年3月
  15. 2016年2月
  16. 2016年1月
  17. 2015年12月
  18. 2015年11月
  19. 2015年10月
  20. 2015年9月
  21. 2015年8月
  22. 2015年7月
  23. 2015年6月
  24. 2015年5月
  25. 2015年4月
  26. 2015年3月
  27. 2015年2月
  28. 2015年1月
  29. 2014年12月
  30. 2014年11月
  31. 2014年10月
  32. 2014年9月
  33. 2014年8月
  34. 2014年7月
  35. 2014年6月
  36. 2014年5月
  37. 2014年4月
  38. 2014年3月
  39. 2014年2月
  40. 2014年1月
  41. 2013年12月
  42. 2013年11月
  43. 2013年10月
  44. 2013年9月
  45. 2013年8月
  46. 2013年7月
  47. 2013年6月
  48. 2013年5月
  49. 2013年3月
  50. 2013年2月
  51. 2013年1月
  52. 2012年12月
  53. 2012年11月
  54. 2012年10月
  55. 2012年9月
  56. 2012年8月
  57. 2012年7月
  58. 2012年6月
  59. 2012年5月
  60. 2012年4月
  61. 2012年2月
  62. 2011年12月
  63. 2011年11月
  64. 2011年10月
  65. 2011年9月
  66. 2011年8月
  67. 2011年7月
  68. 2011年6月
  69. 2011年5月
  70. 2011年4月
  71. 2011年3月
  72. 2011年2月
  73. 2011年1月
  74. 2010年12月
  75. 2010年11月
  76. 2010年10月
  77. 2010年9月
  78. 2010年8月
  79. 2010年7月
  80. 2010年6月
  81. 2010年5月
  82. 2010年4月
  83. 2010年3月
  84. 2010年2月
  85. 2010年1月
  86. 2009年12月
  87. 2009年11月
  88. 2009年10月
  89. 2009年9月
  90. 2009年8月
  91. 2009年7月
  92. 2009年6月
  93. 2009年5月
  94. 2009年4月
  95. 2009年3月
  96. 2009年2月
  97. 2009年1月
  98. 2008年12月
  99. 2008年11月
  100. 2008年10月
  101. 2008年9月
  102. 2008年8月
  103. 2008年7月
  104. 2008年6月
  105. 2008年5月
  106. 2008年4月
  107. 2008年3月
  108. 2008年2月
  109. 2008年1月
  110. 2007年12月
  111. 2007年11月
  112. 2007年10月
  113. 2007年9月
  114. 2007年8月
  115. 2007年7月
  116. 2007年6月
  117. 2007年5月
  118. 2007年4月
  119. 2007年3月
  120. 2007年2月
  121. 2007年1月
  122. 2006年12月
  123. 2006年11月
  124. 2006年10月
  125. 2006年9月
  126. 2006年8月
  127. 2006年7月
  128. 2006年6月
  129. 2006年5月
  130. 2006年4月
  131. 2006年3月
  132. 2006年2月
  133. 2006年1月
  134. 2005年12月
  135. 2005年8月
  136. 2005年6月
  137. 2005年5月
  138. 2005年4月
  139. 2004年12月
  140. 2001年12月

このページの先頭へ