ブログ

2008年01月17日 Thu

_

「木組のデザイン」ゼミナール第五期生募集のお知らせ

私家版仕様書研究会のメンバーが主催する「木組のデザイン」ゼミナールが、おかげさまで第五期を迎えます。
第五期受講生の募集を開始しました。
好評につき講座を3つに分けました。
詳しくはこちらをご参照下さい。

「木組のデザイン」ゼミナール第五期生募集のお知らせ

2008年01月13日 Sun

_

「上田の家」がはじまります

梁と柱を十字に組んだ軸組です。

平面計画。庭を囲んだのびのびした間取りは、このあたりの風土と一体となった生活をつくることでしょう。

 

越屋根で家全体に光と風を通します。子供たちは縁側やデッキから庭におりて遊べます。

上田市は2000m級の山々に囲まれた自然豊かな地域です。

2008年01月13日 Sun

_

「宮原の家」窓が入りました

 

サッシが入ってますます部屋の雰囲気がでてきました。

 

茶室側廊下の小窓。現場で原寸で検討して、アタリをつけました。

2008年01月11日 Fri

_

千倉・千田「夜明け前」

昨日に引き続いて、千倉の千田に日の出を見に来ました。少し早めに着いて海を眺めていると、空にはまだ三日月が出ていました。これから空が明るくなると言うのに、月は煌々と輝いています。そのまま朝日が昇っても、月は空にありました。光を放つ側と受ける側が共存する、不思議な光景を見た気がしました。(郁夫・画)

千倉・千田「夜明け前」

2008年01月09日 Wed

_

豊田の家・「上棟」構造見学会

おかげさまで「山と職人と住まい手をつなぐ」木組みの家プロジェクトが15棟目を数えました。2003年発足以来「ワークショップ「き」組」が、みなさまに支持していただけたおかげです。山に植林を促し、職人さんには伝統の腕を振るっていただく木組みの家づくりの仕組です。
今回は、豊田駅にほど近い公園の木々の中に建つ、まるで別荘のような家です。施工は伝統構法では定評のある風基建設です。建て方は14日から始まるようですが、見所は数日後、見学会は19日(土)です。シンプルでスタンダードな木組みの架構をごらん下さい。

豊田の家・「上棟」構造見学会

2008年01月07日 Mon

_

千倉・千田「夕焼け」

今年は正月3日に千倉に出かけました。千倉でのお正月は初めてです。南房総の海は、ゆっくりとした時間が流れているので、こちらものんびりできました。夕方、千田の海に行くと、夕焼けの空と海が虹色に変わってゆく美しい光景に遭遇しました。今年もまた心が癒される千倉の海です。明日は海からの日の出を見ようと思います。(郁夫・画)

千倉・千田「夕焼け」

2008年01月01日 Tue

_

あけましておめでとうございます

みなさまにとってよい年でありますように。
今年もよろしくお願いいたします。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年11月
  2. 2017年10月
  3. 2017年9月
  4. 2017年8月
  5. 2017年7月
  6. 2017年6月
  7. 2017年5月
  8. 2017年4月
  9. 2017年3月
  10. 2017年2月
  11. 2017年1月
  12. 2016年12月
  13. 2016年11月
  14. 2016年10月
  15. 2016年9月
  16. 2016年8月
  17. 2016年7月
  18. 2016年6月
  19. 2016年5月
  20. 2016年4月
  21. 2016年3月
  22. 2016年2月
  23. 2016年1月
  24. 2015年12月
  25. 2015年11月
  26. 2015年10月
  27. 2015年9月
  28. 2015年8月
  29. 2015年7月
  30. 2015年6月
  31. 2015年5月
  32. 2015年4月
  33. 2015年3月
  34. 2015年2月
  35. 2015年1月
  36. 2014年12月
  37. 2014年11月
  38. 2014年10月
  39. 2014年9月
  40. 2014年8月
  41. 2014年7月
  42. 2014年6月
  43. 2014年5月
  44. 2014年4月
  45. 2014年3月
  46. 2014年2月
  47. 2014年1月
  48. 2013年12月
  49. 2013年11月
  50. 2013年10月
  51. 2013年9月
  52. 2013年8月
  53. 2013年7月
  54. 2013年6月
  55. 2013年5月
  56. 2013年3月
  57. 2013年2月
  58. 2013年1月
  59. 2012年12月
  60. 2012年11月
  61. 2012年10月
  62. 2012年9月
  63. 2012年8月
  64. 2012年7月
  65. 2012年6月
  66. 2012年5月
  67. 2012年4月
  68. 2012年2月
  69. 2011年12月
  70. 2011年11月
  71. 2011年10月
  72. 2011年9月
  73. 2011年8月
  74. 2011年7月
  75. 2011年6月
  76. 2011年5月
  77. 2011年4月
  78. 2011年3月
  79. 2011年2月
  80. 2011年1月
  81. 2010年12月
  82. 2010年11月
  83. 2010年10月
  84. 2010年9月
  85. 2010年8月
  86. 2010年7月
  87. 2010年6月
  88. 2010年5月
  89. 2010年4月
  90. 2010年3月
  91. 2010年2月
  92. 2010年1月
  93. 2009年12月
  94. 2009年11月
  95. 2009年10月
  96. 2009年9月
  97. 2009年8月
  98. 2009年7月
  99. 2009年6月
  100. 2009年5月
  101. 2009年4月
  102. 2009年3月
  103. 2009年2月
  104. 2009年1月
  105. 2008年12月
  106. 2008年11月
  107. 2008年10月
  108. 2008年9月
  109. 2008年8月
  110. 2008年7月
  111. 2008年6月
  112. 2008年5月
  113. 2008年4月
  114. 2008年3月
  115. 2008年2月
  116. 2008年1月
  117. 2007年12月
  118. 2007年11月
  119. 2007年10月
  120. 2007年9月
  121. 2007年8月
  122. 2007年7月
  123. 2007年6月
  124. 2007年5月
  125. 2007年4月
  126. 2007年3月
  127. 2007年2月
  128. 2007年1月
  129. 2006年12月
  130. 2006年11月
  131. 2006年10月
  132. 2006年9月
  133. 2006年8月
  134. 2006年7月
  135. 2006年6月
  136. 2006年5月
  137. 2006年4月
  138. 2006年3月
  139. 2006年2月
  140. 2006年1月
  141. 2005年12月
  142. 2005年8月
  143. 2005年6月
  144. 2005年5月
  145. 2005年4月
  146. 2004年12月
  147. 2001年12月

このページの先頭へ