ブログ

2007年09月27日 Thu

_

千倉・スケッチ展「むかしといまをつなぐ民家たち」

千倉のギャラリー「シーレ」でスケッチ展がはじまりました。「シーレ」はこのあたりでは有名なギャラリー。企画展を毎月チェックして訪れる方がたくさんいます。あまりに大勢のお客さんに、昼ごはんを食べている暇もないほどでした。館山など少し離れたところからお越しくださった方もいて、関さんご夫婦のお人柄とカリスマが「シーレ」の人気の秘密です。22日はトークサロンを行いました。これも満員御礼で、駆けつけた画家の石井崇さんが皆にパエリアを振舞って下さいました。足を運んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。

10月6日にもトークサロンを予定しています。関さん自家製のお茶菓子付ですので、よろしければどうぞお越し下さい。

※当初、トークサロンの日程が10月4日という記述になっていましたが、正しくは10月6日です。

千倉・スケッチ展「むかしといまをつなぐ民家たち」

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」仕上げをしています

 

勝手口の格子が入り、がらりと上品な印象になりました。

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」左官がおわりました

建物が姿を現しました。屋根もさることながら、全体に大きくて立派な家になりました。

2007年09月13日 Thu

_

「那須の別荘」建具の打ち合わせ

 

この日は鹿沼の建具屋の下小屋に行きました。これは「猿おとし」という雨戸の錠です。

2007年09月13日 Thu

_

「宮原の家」構造見学会のお知らせ

大宮の生産緑地に平屋建て純和風の家が上棟します。
構造材はTSウッドの徳島杉。
施工は渡辺工務店。松井事務所と22年のコンビです。梁に使う松丸太は、
渡辺棟梁と福島の協和木材まで買い付けに行きました。
熟練の技とコンビネーションで、数寄屋の趣と民家の開放感を現代に紡ぎ合わせます。

2007年09月08日 Sat

_

千倉・ギャラリー「シーレ」

スケッチ展を企画してくださったギャラリーです。千倉駅の山側に少し入った、隠れ家的なギャラリーですが、ごらんのとおり雰囲気は抜群です。オーナーの関さんご夫妻の趣味のいい、手入れの行き届いたインテリアやガーデニングが、敷地全体を包み込んで素敵です。月二回ですが、日曜にはクロッキー教室も開かれています。関さんご夫妻の絵は、とても魅力的です。ゆっくり来ていただければ、ご夫妻のお話も聞けるかも・・・
(画・文 松井郁夫)

千倉・ギャラリー「シーレ」
(http://purple.ap.teacup.com/4893/)

2007年09月07日 Fri

_

千倉・スケッチ展のお知らせ

3年前から描き続けた千倉の民家や町並み、風景のスケッチを展示していただけることになりました。9月15日(土)から10月14日(日)までの1ヵ月間です。

場所は千倉にある、民家を改修した素敵な
ギャラリー「シーレ」(http://purple.ap.teacup.com/4893/)です。民家の絵がうってつけの場所です。ちょっと遠いところですが、千倉と南房総を満喫していただける方は、どうぞゆっくりとお運び下さい。DMをアップしておきます。

千倉・スケッチ展のお知らせ

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年4月
  2. 2017年3月
  3. 2017年2月
  4. 2017年1月
  5. 2016年12月
  6. 2016年11月
  7. 2016年10月
  8. 2016年9月
  9. 2016年8月
  10. 2016年7月
  11. 2016年6月
  12. 2016年5月
  13. 2016年4月
  14. 2016年3月
  15. 2016年2月
  16. 2016年1月
  17. 2015年12月
  18. 2015年11月
  19. 2015年10月
  20. 2015年9月
  21. 2015年8月
  22. 2015年7月
  23. 2015年6月
  24. 2015年5月
  25. 2015年4月
  26. 2015年3月
  27. 2015年2月
  28. 2015年1月
  29. 2014年12月
  30. 2014年11月
  31. 2014年10月
  32. 2014年9月
  33. 2014年8月
  34. 2014年7月
  35. 2014年6月
  36. 2014年5月
  37. 2014年4月
  38. 2014年3月
  39. 2014年2月
  40. 2014年1月
  41. 2013年12月
  42. 2013年11月
  43. 2013年10月
  44. 2013年9月
  45. 2013年8月
  46. 2013年7月
  47. 2013年6月
  48. 2013年5月
  49. 2013年3月
  50. 2013年2月
  51. 2013年1月
  52. 2012年12月
  53. 2012年11月
  54. 2012年10月
  55. 2012年9月
  56. 2012年8月
  57. 2012年7月
  58. 2012年6月
  59. 2012年5月
  60. 2012年4月
  61. 2012年2月
  62. 2011年12月
  63. 2011年11月
  64. 2011年10月
  65. 2011年9月
  66. 2011年8月
  67. 2011年7月
  68. 2011年6月
  69. 2011年5月
  70. 2011年4月
  71. 2011年3月
  72. 2011年2月
  73. 2011年1月
  74. 2010年12月
  75. 2010年11月
  76. 2010年10月
  77. 2010年9月
  78. 2010年8月
  79. 2010年7月
  80. 2010年6月
  81. 2010年5月
  82. 2010年4月
  83. 2010年3月
  84. 2010年2月
  85. 2010年1月
  86. 2009年12月
  87. 2009年11月
  88. 2009年10月
  89. 2009年9月
  90. 2009年8月
  91. 2009年7月
  92. 2009年6月
  93. 2009年5月
  94. 2009年4月
  95. 2009年3月
  96. 2009年2月
  97. 2009年1月
  98. 2008年12月
  99. 2008年11月
  100. 2008年10月
  101. 2008年9月
  102. 2008年8月
  103. 2008年7月
  104. 2008年6月
  105. 2008年5月
  106. 2008年4月
  107. 2008年3月
  108. 2008年2月
  109. 2008年1月
  110. 2007年12月
  111. 2007年11月
  112. 2007年10月
  113. 2007年9月
  114. 2007年8月
  115. 2007年7月
  116. 2007年6月
  117. 2007年5月
  118. 2007年4月
  119. 2007年3月
  120. 2007年2月
  121. 2007年1月
  122. 2006年12月
  123. 2006年11月
  124. 2006年10月
  125. 2006年9月
  126. 2006年8月
  127. 2006年7月
  128. 2006年6月
  129. 2006年5月
  130. 2006年4月
  131. 2006年3月
  132. 2006年2月
  133. 2006年1月
  134. 2005年12月
  135. 2005年8月
  136. 2005年6月
  137. 2005年5月
  138. 2005年4月
  139. 2004年12月
  140. 2001年12月

このページの先頭へ