ブログ

2006年04月27日 Thu

_

上棟!「検見川の家」

「検見川の家」が上棟しました。うちの事務所でもめずらしい本格和風建築です。せがい造りで大きく2階がせり出しています。松丸太や古材を使い、太い架構になりました。木組みの迫力を描きたくてスケッチしました。

上棟!「検見川の家」

2006年04月26日 Wed

_

「丸子・桜とこいのぼり」

昨年12月に完成した「丸子の家」の建主さんにお呼ばれして、信州上田に行ってきました。もう花見は終わったものだと思っていたら、まさに満開の時、でした。桃、梅、桜、レンギョウ、ゆきやなぎ、菜の花、タンポポ、ラッパ水仙、などなど全部いっせいに咲き乱れていました。スケッチは依田川の川縁の桜と地元の人たちが飾ったこいのぼりです。

「丸子・桜とこいのぼり」

2006年04月21日 Fri

_

「国分寺崖線」

木々の若葉が日に日に濃くなります。一年のうち一番、生命の息吹を感じる季節です。いま通っている現場の通りすがりに、国分寺崖線といわれる崖地があります。河川の断崖の名残で湧水が湧いていたり、水がきれいで生物がたくさん繁殖する川が流れていたりします。
スケッチは、そんな崖線の街中の様子です。駐車場や店の裏が、若葉萌える崖地なんて、ちょっと素敵な街角です。こんな地形を大切にしたいですネ。

「国分寺崖線」

2006年04月17日 Mon

_

「所沢の家・春」

所沢の家・春
久しぶりに所沢の家へ行ってきました。いっせいに花が咲いていて、なんともきれい!雪やなぎ、菜の花、水仙、梅、もも、赤もくれん、花もも、たんぽぽ、そして桜。桜は前の日に桜吹雪が舞ったそうでだいぶ少なくなっていましたが、春爛漫の所沢でした。建主さんはデッキでぐっすり昼寝、なんとも気持ちよさそうでした。

「所沢の家・春」

2006年04月14日 Fri

_

「殿ヶ谷公園・はなもも」

国分寺の駅前に静かな庭園があります。殿ヶ谷公園です。国分寺の現場に通っているので、少しでも時間があると寄ってみることにしています。今日も行ってみると、桜は終わっているのにやけにきれいに咲き乱れている木があって、近くに行くと「はなもも」と書いてありました。濃い紅色がとてもきれいで、なんだかそこだけ輝いて見えました。

「殿ヶ谷公園・はなもも」

2006年04月13日 Thu

_

「検見川の家」がはじまります

 

古材と松丸太を使った、せがい造りの純和風建築です。

2006年04月11日 Tue

_

沖縄・国際通り市営市場

娘が沖縄県立芸大で学ぶことになりました。引越しの手伝いに行ったので市場へ遊びに行きました。豚の顔が飾ってあったり、色とりどりの魚がたくさんあったり、一日いても飽きないような活気のある素敵なところでした。奈穂

「沖縄・国際通り市営市場」

2006年04月09日 Sun

_

江原公園・花見風景

自宅隣の公園は桜がきれいで毎年たくさんの花見客が来ます。夜は宴会があちらこちらで盛り上がりますが、今年は花冷えでそんな姿も見られませんでした。
暖かい日は、昼ごはんをもって近所のお母さんグループや老人のゲートボールチームなどが集まって楽しんでいます。
もうそろそろ今年の桜もおしまいです。

「江原公園・花見風景」

2006年04月07日 Fri

_

哲学堂 水道タンク

哲学堂近くに聳え立つ水道タンクは、そのまわりの家々に水を供給するために作られた昭和初期の建造物です。蛇口をひねれば水が出てくるといった文化生活の始まりを象徴するものでもあったと思います。子供だった頃の妻は、タンクの中いっぱいに水がためられているのかと思い ガラス窓が壊れているのを心配したと聞きます。今でも組上げるポンプが入っていてその機能を果たしているとのこと。みずのとう公園、みずのとう幼稚園など名前がつく施設もあり地域の人々に親しまれています。
スケッチしていたら飛行機雲がひとすじあらわれました。

「哲学堂 水道タンク」 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年11月
  2. 2017年10月
  3. 2017年9月
  4. 2017年8月
  5. 2017年7月
  6. 2017年6月
  7. 2017年5月
  8. 2017年4月
  9. 2017年3月
  10. 2017年2月
  11. 2017年1月
  12. 2016年12月
  13. 2016年11月
  14. 2016年10月
  15. 2016年9月
  16. 2016年8月
  17. 2016年7月
  18. 2016年6月
  19. 2016年5月
  20. 2016年4月
  21. 2016年3月
  22. 2016年2月
  23. 2016年1月
  24. 2015年12月
  25. 2015年11月
  26. 2015年10月
  27. 2015年9月
  28. 2015年8月
  29. 2015年7月
  30. 2015年6月
  31. 2015年5月
  32. 2015年4月
  33. 2015年3月
  34. 2015年2月
  35. 2015年1月
  36. 2014年12月
  37. 2014年11月
  38. 2014年10月
  39. 2014年9月
  40. 2014年8月
  41. 2014年7月
  42. 2014年6月
  43. 2014年5月
  44. 2014年4月
  45. 2014年3月
  46. 2014年2月
  47. 2014年1月
  48. 2013年12月
  49. 2013年11月
  50. 2013年10月
  51. 2013年9月
  52. 2013年8月
  53. 2013年7月
  54. 2013年6月
  55. 2013年5月
  56. 2013年3月
  57. 2013年2月
  58. 2013年1月
  59. 2012年12月
  60. 2012年11月
  61. 2012年10月
  62. 2012年9月
  63. 2012年8月
  64. 2012年7月
  65. 2012年6月
  66. 2012年5月
  67. 2012年4月
  68. 2012年2月
  69. 2011年12月
  70. 2011年11月
  71. 2011年10月
  72. 2011年9月
  73. 2011年8月
  74. 2011年7月
  75. 2011年6月
  76. 2011年5月
  77. 2011年4月
  78. 2011年3月
  79. 2011年2月
  80. 2011年1月
  81. 2010年12月
  82. 2010年11月
  83. 2010年10月
  84. 2010年9月
  85. 2010年8月
  86. 2010年7月
  87. 2010年6月
  88. 2010年5月
  89. 2010年4月
  90. 2010年3月
  91. 2010年2月
  92. 2010年1月
  93. 2009年12月
  94. 2009年11月
  95. 2009年10月
  96. 2009年9月
  97. 2009年8月
  98. 2009年7月
  99. 2009年6月
  100. 2009年5月
  101. 2009年4月
  102. 2009年3月
  103. 2009年2月
  104. 2009年1月
  105. 2008年12月
  106. 2008年11月
  107. 2008年10月
  108. 2008年9月
  109. 2008年8月
  110. 2008年7月
  111. 2008年6月
  112. 2008年5月
  113. 2008年4月
  114. 2008年3月
  115. 2008年2月
  116. 2008年1月
  117. 2007年12月
  118. 2007年11月
  119. 2007年10月
  120. 2007年9月
  121. 2007年8月
  122. 2007年7月
  123. 2007年6月
  124. 2007年5月
  125. 2007年4月
  126. 2007年3月
  127. 2007年2月
  128. 2007年1月
  129. 2006年12月
  130. 2006年11月
  131. 2006年10月
  132. 2006年9月
  133. 2006年8月
  134. 2006年7月
  135. 2006年6月
  136. 2006年5月
  137. 2006年4月
  138. 2006年3月
  139. 2006年2月
  140. 2006年1月
  141. 2005年12月
  142. 2005年8月
  143. 2005年6月
  144. 2005年5月
  145. 2005年4月
  146. 2004年12月
  147. 2001年12月

このページの先頭へ