ブログ

2006年02月27日 Mon

_

金沢 大手堀

金沢美術工芸大学で、お世話になった先生の退官記念講演がありました。毎夏、集中講義で定宿にしているホテルの前が大手堀です。最近再現された菱櫓もあり、城址の風情の残っている場所です。力強い石組に根の絡む松や杉などの緑が、お堀の水面に美しい陰影をを落としています。

「金沢 大手堀」

2006年02月24日 Fri

_

山形・茂三郎「ぶっかけそば」

山形へ行くたびに訪ねていた「隠れそば家、茂三郎」のぶっかけそばを描きました。これがおいしい!親父さんが一回そばを打つと6人前出来るのですが、お客が多いとひっきりなしに打つことになり、待たされます。それでも食べたくなるそば家です。奈穂

山形・茂三郎「ぶっかけそば」

2006年02月23日 Thu

_

蔵王・おしるこ

また山形です。蔵王の温泉に行きました。地元の人が入るお風呂で200円の入浴料を自分で入れてから入ります。硫黄の温泉で芯からあったまりました。その帰り町の中にあったお汁粉屋さんに入りました。つきたてのお餅が入っていておいしかった。 奈穂

蔵王・おしるこ

2006年02月21日 Tue

_

山形・山寺

松井奈穂です。次男が4年間過ごした山形に卒業制作を見に行ってきました。久しぶりに山寺に行きました。芭蕉が訪ねたことで有名なところです。寒くて凍える中、橋の上から山頂のお堂を描きました。息子3人はその間に山頂まで走ってのぼって来ました。雪ですべり何度も転んだようです。それもまた楽しい思い出になります。

山形・山寺

2006年02月17日 Fri

_

萩 木戸孝允旧宅

萩に行ってきました。スケッチは木戸孝允の旧宅です。この裏には、高杉晋作の旧宅もあります。伊藤博文もこのまちで生まれ育ちました。その他にも、多くの偉人がこの美しい萩から輩出しました。今回は、木材コーディネーター小池さんの招きで出かけてきました。先代の頃からお世話になった、材木商です。天然乾燥の松や欅にこだわり、倉庫には素晴らしい材料が出番を待っています。倉庫に眠る素材が生かされれば、先代も喜ぶと思います。

「萩 木戸孝允旧宅」

2006年02月15日 Wed

_

カナダ ヨットハーバー

スタンレイ公園には大きな湖もあってヨットが繋がれています。街の中心部に巨木が育ちリスがいて木の実をかじり、人々は湖に遊ぶ・・・・なんて贅沢な街でしょう。東京と比べ物にならないですよね。都市から自然が失われて、人間がおかしくなって・・・

「カナダ ヨットハーバー」

2006年02月11日 Sat

_

「TRANS FAR」

息子の版画です。大学で版画を学びました。アンコールワットへ旅行したとき飛行機の乗り換えのためシンガポールに降り立った時のイメージ作品です。

「TRANS FAR」

2006年02月10日 Fri

_

カナダ メイプルの並木

カナダの国旗にもなっているメイプルの木はスタンレイパークのあちこちにあります。メイプル・シロップのメイプルです。その昔メイプルの木がカナダ国民を飢餓から救ったと聞いています。こんな公園がバンクーバの街なかにあるなんて素敵ですよね。

「カナダ メイプルの並木」

2006年02月07日 Tue

_

沖縄 離島にて

今度は娘の参入です。去年石垣島、西表に行ったときに描いたスケッチです。台風の後少し海が荒れている様子です。かわいいカニもいました。
今年は沖縄に移住をたくらんでいるところです。

「沖縄 離島にて」

2006年02月06日 Mon

_

逗子 富士山

逗子市で、昭和のはじめに建った和洋折衷の立派な旧家を改修することになりました。内部にはお茶室のある数寄屋造りです。3年がかりの計画ですが、造園会社からのご紹介で実現しそうです。早速現地に出かけてきました。蘆花公園の展望台からのスケッチです。前の日の雨で霞がかかっていますが、真白な富士山が江ノ島越しに大きく見えました。

「逗子 富士山」

2006年02月03日 Fri

_

茶道 節分

今日の床飾りです。節分にちなんで、軸は宗旦(利休から三代目)の句「節分の年を分けたし今宵かな」絵は豆まきの枡とヒイラギの葉です。花は椿と夜叉ぶし。福徳利の花入れが福を呼ぶという指向でしょうか。香合はヒイラギをかたどった焼き物です。玄関にもヒイラギの葉と豆ガラが下がっていました。鬼は外!福は内!

「茶道 節分」

2006年02月01日 Wed

_

ブックカバー 銀杏

突然ですが、松井のスケッチがブックカバーに採用されました。実業之日本社出版「本多静六自伝 体験八十五年」の銀杏の絵です。以前内装を設計したデザイン事務所の方がスケッチを採用してくださいました。これを機会に本を読みましたが、本多静六(1866~1952)という人は大変興味深い人です。山林学校(現・東大農学部)教授でありながら、地道な貯財で富豪となりました。日比谷公園の設計者であり、山林は国土の保全のために重要だと言う考えから、国立公園を法令化に結びつけた人です。後藤新平や渋沢栄一、新渡戸稲造と交流があり東京復興計画の影の立案者でもあります。その実践論は多くの示唆に富んでいます。ぜひご一読をお勧めします。続編もあります。

「ブックカバー 銀杏」

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年4月
  2. 2017年3月
  3. 2017年2月
  4. 2017年1月
  5. 2016年12月
  6. 2016年11月
  7. 2016年10月
  8. 2016年9月
  9. 2016年8月
  10. 2016年7月
  11. 2016年6月
  12. 2016年5月
  13. 2016年4月
  14. 2016年3月
  15. 2016年2月
  16. 2016年1月
  17. 2015年12月
  18. 2015年11月
  19. 2015年10月
  20. 2015年9月
  21. 2015年8月
  22. 2015年7月
  23. 2015年6月
  24. 2015年5月
  25. 2015年4月
  26. 2015年3月
  27. 2015年2月
  28. 2015年1月
  29. 2014年12月
  30. 2014年11月
  31. 2014年10月
  32. 2014年9月
  33. 2014年8月
  34. 2014年7月
  35. 2014年6月
  36. 2014年5月
  37. 2014年4月
  38. 2014年3月
  39. 2014年2月
  40. 2014年1月
  41. 2013年12月
  42. 2013年11月
  43. 2013年10月
  44. 2013年9月
  45. 2013年8月
  46. 2013年7月
  47. 2013年6月
  48. 2013年5月
  49. 2013年3月
  50. 2013年2月
  51. 2013年1月
  52. 2012年12月
  53. 2012年11月
  54. 2012年10月
  55. 2012年9月
  56. 2012年8月
  57. 2012年7月
  58. 2012年6月
  59. 2012年5月
  60. 2012年4月
  61. 2012年2月
  62. 2011年12月
  63. 2011年11月
  64. 2011年10月
  65. 2011年9月
  66. 2011年8月
  67. 2011年7月
  68. 2011年6月
  69. 2011年5月
  70. 2011年4月
  71. 2011年3月
  72. 2011年2月
  73. 2011年1月
  74. 2010年12月
  75. 2010年11月
  76. 2010年10月
  77. 2010年9月
  78. 2010年8月
  79. 2010年7月
  80. 2010年6月
  81. 2010年5月
  82. 2010年4月
  83. 2010年3月
  84. 2010年2月
  85. 2010年1月
  86. 2009年12月
  87. 2009年11月
  88. 2009年10月
  89. 2009年9月
  90. 2009年8月
  91. 2009年7月
  92. 2009年6月
  93. 2009年5月
  94. 2009年4月
  95. 2009年3月
  96. 2009年2月
  97. 2009年1月
  98. 2008年12月
  99. 2008年11月
  100. 2008年10月
  101. 2008年9月
  102. 2008年8月
  103. 2008年7月
  104. 2008年6月
  105. 2008年5月
  106. 2008年4月
  107. 2008年3月
  108. 2008年2月
  109. 2008年1月
  110. 2007年12月
  111. 2007年11月
  112. 2007年10月
  113. 2007年9月
  114. 2007年8月
  115. 2007年7月
  116. 2007年6月
  117. 2007年5月
  118. 2007年4月
  119. 2007年3月
  120. 2007年2月
  121. 2007年1月
  122. 2006年12月
  123. 2006年11月
  124. 2006年10月
  125. 2006年9月
  126. 2006年8月
  127. 2006年7月
  128. 2006年6月
  129. 2006年5月
  130. 2006年4月
  131. 2006年3月
  132. 2006年2月
  133. 2006年1月
  134. 2005年12月
  135. 2005年8月
  136. 2005年6月
  137. 2005年5月
  138. 2005年4月
  139. 2004年12月
  140. 2001年12月

このページの先頭へ